ご予約フォーム

虹色バロック
〜古楽器で奏でる虹色の調べ~

会場:アートスペース Hase
京都市中京区薬屋町593 スガビル地下1階

◆アクセス:

地下鉄東西線<二条城前>2番出口より徒歩5分
地下鉄烏丸線<烏丸御池>2番出口より徒歩10分
駐車場はございません。

◆チケット:

高校生以下1500円| 一般2000円|当日券 +500円


 
◆プログラム:

P・ロカテッリ  トリオソナタ ト長調 作品5-1
G・Ph・テレマン パリ四重奏曲 第3番 ト長調
M・マレ  フルート、ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバのための作品 ハ長調

◆お問い合わせ:
E mail: baroque16ensemble@gmail.com

◆後援:
関西桐朋会、京都市立芸術大学<真声会>、同志社女子大学<頌啓会>

◆出演者プロフィール

塚本 絢加(フルート トラヴェルソ)
同志社女子大学音楽専攻科修了。渡独を契機に、バロックフルートを始める。その後、トロッシンゲン音楽大学修士課程に在籍。バロック奏法の基礎と室内楽、ヴィオラ・ダ・ガンバを学ぶ。2018年秋より、ザルツブルク・モーツァルテウム大学にてM・Gatti教授のクラスに在籍。ルネサンス〜近現代に至る、年代や地域の様々な演奏法を学び、精力的に室内楽作品に取り組んでいる。

井阪 美恵(バロック ヴァイオリン)
桐朋女子高校音楽科卒業後、渡欧。P.アモイヤル氏の下で研鑽を積む。ローザンヌ高等音楽院を満場一致の最高位で、ザルツブルク・モーツァルテウム大学修士課程を満場一致の最優秀にて修了。2016年に帰国し、ソロ、オーケストラ、室内楽など年間100公演に及ぶコンサートに出演。モダンとバロック、双方の第一人者であるS.M.ドゥガン氏の通訳をきっかけに、古楽に関心を抱く。2017年よりバロックヴァイオリンを始める。

大内 美奈子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
大阪音楽大学作曲学科楽理専攻を卒業。
ヴィオラ・ダ・ガンバと古楽アンサンブルを坂本利文氏に、ガンバコンソートを頼田麗氏に師事。現在、大阪、奈良を中心にソロやアンサンブル等の演奏活動を行っている。「ル・ティサージュ」メンバー。

増永 響子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻(ヴァイオリン)卒業。都留音楽祭において、福沢宏氏のヴィオラ・ダ・ガンバなど、様々なセミナーを受講。2013年上村かおり氏のマスタークラスを受講。2014年日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会夏期講習会に奨学生として参加。ヴィオラ・ダ・ガンバを平尾雅子および吉田一美、ガンバコンソートを頼田麗の各氏に師事。現在、関西を中心にフリーランスで活動中。

 

2019年3月16日(土)|開場15:30 開演16:00