​Biography

 井阪 美恵 (いさか みえ)

京都生まれ。桐朋女子高校音楽科卒業。在学中、桐朋学園オーケストラのフォアシュピーラーや首席ヴィオラ奏者を務める。桐朋学園大学在学中に渡仏し、2010年パリ国立地方音楽院(CNR de Paris)最高課程を卒業。

 

2010年より5年半に亘りピエール・アモイヤル氏のもとで研鑽を積む。2011年には同氏とブラームスの弦楽六重奏を共演。2012年ローザンヌ高等音楽院学士課程ヴァイオリン科を満場一致の首席、最高位を得て卒業。リサイタル試験での演奏が評価され、同音楽院よりエクセレント・リサイタル賞を受賞。その後、国立ザルツブルク・モーツァルテウム大学大学院で学び、在学中はモーツァルテウム管弦楽団の客演奏者として定期演奏会などに出演。2016年に同大学修士課程を満場一致の最優秀で修了。

 

2008年ヴァトロ=ランパルコンクール(パリ)にて第1位及び審査員特別賞を受賞。第21回ブラームス国際音楽コンクール(オーストリア)室内楽部門、第3回トルン国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)セミファイナリスト。フランス、スイスを中心に、数多くの演奏会やフェスティバルに出演。

 

これまでにヴァイオリンを故・田中千香士、石井志都子、フレデリック・ラロック、ジェラール・プーレ、ピエール・アモイヤルの各氏に、室内楽をヴァンサン・コック、パトリック・ジュネ、レオナルド・ロチェックの各氏に、古楽奏法をヒロ・クロサキ氏に師事。 

 

2016年に帰国し、『ブラームス ヴァイオリンソナタ全曲演奏会』、『バッハ 無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏会)』などのリサイタル、いずみシンフォニエッタ大阪のメンバーとして『ウィーン・ムジークフェスト2017 Vol.3』に出演するなど、オーケストラ、室内楽、ソロなどで年間約100公演に及ぶコンサートや収録に出演する傍ら、後進の指導にも力を注ぐ。

 

Mie Isaka is born in Kyoto, Japan. She started taking piano lesson at the age of 4, and violin lessons at the age of 5. During her studies at the Toho Gakuen School of Music, she also played the viola as a principal violist in the Toho Gakuen Orchestra. In 2005, she became a finalist at the 15th Japan Classical Music Competition.

 

After four years of her studies at the Toho Gakuen, she enrolled in an advanced course at the Conservatoire à rayonnement régional de Paris. She got her DEMS (Le Diplôme d'études musicales supérieur) in 2010. She also won first prize with the jury's special award at the Concours de Violon Vatelot / Rampal in Paris in 2008.

 

In 2010, she moved to Switzerland and started to study under Prof. Pierre Amoyal. In 2011, she played the Brahms strings sextet with Pierre Amoyal. 2 years later, she obtained her bachelor of arts with a perfect score for violin playing and an award for an excellent bachelor’s recital at the Haute Ecole de Musique de Lausanne.

 

From 2013 to 2016, she studies at the Universität Mozarteum Salzburg. During her studies, she performed a lot of chamber music as a violinist and a violist. In 2013, she became a semi-finalist at the 3rd Toruń International Violin Competition in Poland, and 2014, “Duo Lys” (Fiona Hengartner, piano and Mie Isaka,violin) became a semi-finalist at the 23rd International Johannes Brahms Competition. She also played sometimes in Mozarteumorchester Salzburg as a substitute. In 2016, she obtained her Master of Arts with highest honors.

​She studied under Prof. Chikashi Tanaka, Shizuko Ishii, Frederic Laroque, Gerard Poulet and Pierre Amoyal.

 

Presently she lives in Japan. She appears in more than 90 stage a year, as a soloist, chamber musician or orchestra musician. And she also teaches for young student.

© 2016 Mie Isaka All Rights Reserved.